50歳から始めよう

筋肉量>体脂肪>体重。50歳から始める身体づくりブログ。PFCバランスに基づく食事法を実践中♪

タニタでからだスキャン!/ボディバランス基礎代謝編☆

※前回の『タニタでからだスキャン!/脂肪筋肉編』はこちら


前回は、タニタの体組成計での計測結果のうち、脂肪量筋肉量の2項目を、2年前の自分と比較しました。
今回は『ボディバランス』と『基礎代謝等』を、同じように比較してみたいと思います☆



【ボディバランス編】

👆 2年前:ほぼ左右均等のバランス

👆 現在:右側重心


ボディバランスは「左右の筋肉の付き方を評価したもの」です。
筋肉量では左右で0.2gしか差がありませんが、現在は右側重心となっています。
実は2年前も初めは右側重心でしたが、筋肉は利き手利き足側が多くなりやすい傾向があるので、左右差があるのは特別な事ではないそうです。


当時、計測を担当してくれた方に聞いてみました。
私「トレーニングは筋肉の少ない左側を意識してやった方が良いんでしょうか?」
担当者「そうすると、またアンバランスを生む可能性があるので、左右均等、同じ力を意識してトレーニングされると良いですよ」
担当さんの回答に説得力があり、アドバイス通りしばらく左右均等を意識しながらトレーニングを行った結果が、2年前の「ほぼ左右均等のバランス」の画像です。


左右差がある状態が長く続くとどうなるのか?


…調べてみましたが諸説あり分かりませんでした💦
私は左肩が若干下がっていて少し前に出ています。やってみると分かると思いますが、体が捻じれているんですよね。筋肉量の左右差が原因になっているのかどうかは分かりませんが、普段の姿勢などにも問題があるのかもしれません。



【基礎代謝編】

👆 2年前の基礎代謝等

👆 現在の基礎代謝等


基礎代謝量は「安静状態でも呼吸、心臓の動き、体温維持などの生命活動を維持するために消費される、必要最小限のエネルギー代謝量」です。
ここに日中の活動量が加わって、一日に必要とする摂取カロリーが決まるのですが、基礎代謝量が大きければ大きいほど、食べたものを燃やす力が大きくなります。
基礎代謝量を増やす方法はたったひとつ。筋肉を増やすこと!


「何も気にせずたくさん食べたいけど、太りたくない!」
これは私が筋肉量にこだわる理由のひとつです。


だって食べることが好きだから✨


内臓脂肪が多くなると…
①血中の糖質が増えて、血糖値が上昇しやすくなる
②コレステロール、中性脂肪が増えやすくなる→動脈硬化の原因
③血圧が高くなりやすい
④脂肪を燃やす力が低下する


…何ひとつ良いことがありません😣


アスリート指数については、説明を読むと「測定者の体組成がどのくらいプロスポーツ選手などのアスリートに近いのかを数値化しています」とあります。
2年前、実はアスリートレベルを目指していましたが、このレベルには到達できませんでした。でも、トレーニングを再開したので今回は目指してみたいと思います!14歳の挑戦ならぬ…


🔥50歳の挑戦🔥


この計測サービス、私が知る限りでは石川県の『金澤タニタ』と東京の『丸の内タニタ』で実施しているようです。
タニタが母体となる『タニタ式運動教室 フィッツミー』の無料体験でも計測してくれます。


「自分を知る者、ダイエットを制す💪」


ぜひ一度お試しくださいませ☆


にほんブログ村 ダイエットブログ 50代女性のダイエットへ

👆あなたのクリックが私の励みになります☆